だって面白いのだもの

面白いものはシェアしないと。だって面白いのだもの

【宇宙を駆けるよだかの感想】入れ替わった相手はクラスの嫌われ者。

今回紹介する作品は「宇宙を駆けるよだか」です。

読みたくなる程度のネタバレと感想を書いていきたいと思います。

 

 

 

宇宙を駆けるよだか

宇宙を駆けるよだか 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

大好きな人と恋人同士になれて順風満帆だったあゆみ。だけど、ある日突然、クラスの嫌われ者・然子と体が入れ替わってしまい…!?(出典:別冊マーガレット公式HP)

作品情報

作者:川端志季

巻数:全3巻

連載雑誌:別冊マーガレット

その他:このマンガがすごい!2016年オンナ編5位

序章の内容を書いていきます。

全て自分で読みたいという方はご注意を。

 

登場人物

・小日向あゆみ(主人公)
・水本公史郎(しろちゃん)(あゆみの彼氏)
・火賀俊平(史郎・あゆみの友人)
・海根然子(あゆみのクラスメイト)

 

 あらすじ

あゆみは思いを寄せていた人(しろちゃん)から告白され、恋人同士になる事ができました。

その翌日、しろちゃんとのデートに行く途中非通知で電話がかかってきます。

 

??「小日向さん…私同じクラスの海根。海根然子です。私…これから死ぬから」

 

然子「上を見て、そこに居てこっちを見て」

f:id:takawokun:20161108223338j:image

あゆみが上を見た瞬間、然子がビルから飛び降ります。

舞台は病院へ。あゆみは病院のベッドで目をさまします。

あゆみ「あのっ海根さんは…海根さんは無事ですか?!」

 看護師海根さんはあなたですよね?

 f:id:takawokun:20161108224136j:image

あゆみ「何を言って…」

(鏡を見て)

あゆみ「なにこれ...違います...私は…小日向あゆみです!」

 

状況が把握できないまま、飛び降りたのにもかかわらず無傷であった然子(あゆみ)は然子の母親に連れて然子の家に戻りました。

翌日起きても状況は変わらず、然子(あゆみ)は学校に行くことに。

容姿が変わってもしまって、あゆみは思いました。

然子(あゆみ)「いつもと同じ学校なのに、知らない世界に来たみたい」

 

放課後日直の仕事で先生に荷物を運んで置いて欲しいと言われます。1人では到底持てない量、頼める友達もおらず1人でやることに。

そこに現れたのがしろちゃん。

 

しろちゃん「手伝うよ」

然子(あゆみ)はしろちゃんなら信じてくれると思い真実を告白します。

 

然子(あゆみ)「私、小日向あゆみなんだよ...原因は分からないけど昨日なぜか海根さんと体が入れ替わっちゃって....」

 

しろちゃん「ごめん...ちょっと...何言ってるか分からないです...」

 

感想

この漫画から読み取れたことは、容姿が変わっても人を愛せるのか? というものでした。

この後のストーリー展開はネタバレになってしまう為、詳しくは言えません。

みなさんの予想通りとでも言っておきましょう。

この物語を自分に置き換えて考えてみました。

「もし、彼女が自分の全く好みでない容姿になったらどうするか」

答えは...困ります。

困ります。って答えになっていないだろ!!!

私は彼女に

「君がアフロになっても君を愛す自信があるぜ!」と冗談交じりに言った事があります。

彼女は爆笑していましたが、それは本気で言っていました。

「君の顔が豚になっても君を愛す自信がある!」と言える自信はありません。

彼女を好きになったのはやはり、「その性格でその顔でその胸の大きさ」でという点が大きいです。(怒られる)

それが全て揃った彼女が彼女なので、その一要素どれがかけても好きにはならなかったと思います。(胸はもちろんジョーク!!)

なので容姿も重要なことは確かです。

非常に困ってしまいます。

なので、この漫画の男性陣も非常に困ってしまうと思います。

ただ!!少女漫画です。そこらへんはぬかりありません。

そこらへんをもう少しリアルにすれば、より面白かったと思います。(青年漫画の分野に入り込んでしまうが)

 さて、内容に関してですがしろちゃんとあゆみの友人である火賀君がいい味を出しています。この火賀君に注目して読んでみてください。

(少女漫画ってやっぱりザンコクダヨネーー)

巻数に関しては3巻と非常に読みやすいため、すぐに読む事ができます。

SF+恋愛少女漫画の特徴は数巻しかストーリーが続かない(伸ばしすぎるとグダる)ところだと思います。

「宇宙を駆けるよだか」はきっちり3巻で終わらしているので、グダることなくスピーディーに読めました。

 

 

 

さいごに

累を読んだ事がある人は、比較しながら読んでみるのも面白いと思います。

「宇宙を駆けるよだか」の結末は賛否両論あると思いますが、私はあまり好きではありません。読んで確かめてみてください。

青年漫画にどっぷり浸かっている人からしたら「綺麗事すぎる!」と思うはずです。

しかし少女漫画ですので、少女漫画だと思って読んでみてください。(少女漫画を青年漫画と比較するな!!笑)

結末までのストーリー展開,画力は非常に優れている作品だと感じました。

少女漫画大好き!との人は、新しい要素が加わった少女漫画ですので最後まで楽しめると思います。

気になった方はぜひ読んでみてください!