だって面白いのだもの

面白いものはシェアしないと。だって面白いのだもの

【バイト】スーパーバイトの面接から仕事内容まで2年間の体験談

f:id:takawokun:20161015231711j:image

こんにちは、たかをです。

今回はスーパーバイトの体験談を書いていきたいと思います。

バイト始める時って、どんなことするんだろう...とか心配になりますよね!

今回は、スーパーバイトの仕事内容を中心に書いていきたいと思います。

どの部門が楽だとか、実際やってみてどうだとか、スーパーバイトの注意点だとか...珍体験とかスーパーバイトの詳細を書いていきます。参考になったら嬉しいです。

ちなみに今は辞めています。ガチガチの店員じゃないので、学生バイトの感想だと思ってください(笑)

 

 

スーパーでバイトをしよう

面接について

まずは、スーパーのバイトの面接についてです。正直、これは店舗によって違うのでなんとも言えません。

一般的に面接で聞かれる事は

(1)シフトの希望
(2)希望部門
(4)通勤時間や通勤方法
(5)志望理由   などです。

私の場合は面接時に筆記テストがありました。

「惣菜の読みを答えよ」などの漢字の読みのテストと、簡単な計算問題でした。他のスーパーでバイトしていた友達も面接で簡単なペーパーテストがあったようです。あるとしても簡単なテストなので安心してください。

 スーパーのバイトの面接ではその人が基本的なこと(常識性)を見ているだけなので、ペーパーテストは気楽にやって大丈夫です。

 

部門とは何があるのか

面接内容で気になるのは、(2)の希望部門だと思います。

スーパーはいくつかの部門に分かれているので、あらかじめ希望部門を決めておきましょう。

スーパーの一般的な部門をまとめました。

                                 部門一覧
  1. 農産部門: 果物,野菜などを取り扱う
  2. 畜産部門: お肉などを取り扱う
  3. 鮮魚部門: 魚,刺身などを取り扱う
  4. 惣菜部門: コロッケやおにぎりなどを取り扱う
  5. ベーカリー部門: パンを取り扱う
  6. グロサリー部門: 後述します。
  7. レジ部門: レジ業務を行う

 

私は2年間で青果・農産部門、鮮魚部門、グロサリー部門を経験しました。その3部門について詳しく書いていきたいと思います。

 

農産部門

f:id:takawokun:20161015222545j:image

青果・農産部門は、果物や野菜を扱う部門となっています。仕事内容は以下のようです。

   仕事内容
  1. 果物,野菜の品出し
  2. 賞味期限の確認
  3. 野菜のカット,袋詰め など

青果・農産部門は最初の方はキツイです。

野菜の切り方やラップの包み方など非常に手こずりました。何グラムずつ袋に詰めなくてはいけないなど覚える事はたくさんあります。

また肌が弱い人はこの部門はオススメできません。野菜を取り扱うため、肌が弱いと手荒れがひどくなる可能性があります。面接の時にその事をちゃんと伝えておきましょう。

 

鮮魚部門

f:id:takawokun:20161015224201j:image

1ヵ月ヘルプで鮮魚部門に配属されました。(スーパーではあるあるです。)

   仕事内容
  1. 魚のパック詰め
  2. 切り身の製造や加工
  3. お寿司の製造など
  4. 値引きシールの貼り付け など

私は、お寿司の方に配属になりました。

まず、作業場の匂いが凄い。めちゃくちゃ臭いです。魚を取り扱うのでしょうがないのですが、慣れるまで苦労しました。冬場に配属になったのですが、めちゃくちゃ寒いです。防寒対策はした方がいいです。

お寿司なのですが、初めは寿司のシャリを作る機械からただひたすらシャリを取りまくっていました。

「もうシャリはとりたくない!!」

3時間もシャリを取っていたら死にたくなります(笑)

あとは、指定された順番で刺身シャリにのせる作業がありました。

夜のシフトだと値引きが中心で、比較的楽です。

 

グロサリー部門

f:id:takawokun:20161015223909j:image

私が2年間でスーパーでバイトしていた内1年と半年はグロサリー部門に所属していました。

私のバイト先のグロサリー部門は、酒,ジュース,日用品(ティッシュ、歯ブラシなど),インスタント食品,調味料,洋日配(ヨーグルト,チーズなど),和日配(納豆,豆腐など)...etcを取り扱う部門でした。

スーパー内のコーナー(お肉,魚,野菜,惣菜,パン)を除く全ての商品を扱っています。

   仕事内容
  1. 品出し
  2. 商品の前出し
  3. 賞味期限のチェック
  4. 値引き
  5. 店内ポスターの張り替え
  6. カゴ・カートの回収 など

 

 ある1日のバイトの仕事内容を書いていきましょう。

   7:50             出勤(制服に着替える)

8:00〜9:00     日配+食品(調味料など)の品出し

9:00〜10:00   日配・菓子パンの値引

10:00〜12:00 酒・ジュース・アイスなどの品出し

12:00〜13:00 お昼休憩

13:00〜15:00 日用品の品出し

15:00〜16:00 商品の前だし

 

これは、ある休日の仕事内容です。夏場だと飲み物やアイスがよく売れるので、補充はかなり忙しいです。

グロサリー部門をする上で大変な事は、「店内の全商品の位置の把握」です。お客様に商品を聞かれた時にすぐに対応しなくてはいけません。入りたての時は、先輩にお世話になっていました。また、力が必要でもあります。ジュースを箱ごと運んだりするので力に自信が無い人にはオススメできません。(男性であれば問題はないと思います)

1年半やってみての正直な感想を言います。

「めちゃくちゃ楽」

忙しいのは間違いないのですが、あっという間に時間が過ぎていきます。しかも、品出しが楽しいです。特に私の場合はお酒の品出しは休憩時間なようなものでした。お酒は弱くて全然飲めないのですが、こんなお酒があるんだ!なんて楽しみながら品出しをしていました。私がもう一回スーパーでバイトをするならば、確実にグロサリーを希望します。

 

スーパーのバイトの珍体験

2年もバイトをしていれば、珍体験談があるわけですよ。あれは、私がバイトを始めて1ヵ月後ぐらいのことだった....

お客様「お兄さん...ちょっといい?」

たかを「はい、何でしょうか?」

お客様「あの人さっきバックに商品入れてたのよ」

たかを「(まじかよおおおお)ありがとうございます(やばい...この時の対応わからねぇ...)」

〜万引き犯(仮)がこの会話を聞いてたらしくこっちに来る〜

お客様「さっき注意したんだよ?バックに入れちゃダメって」

たかを「ありがとうございます。あとはこちらで対処させていただきます。」

〜お客様が立ち去る〜

たかを「あの〜今店長を呼んできますので...」

万引き犯「取っちゃダメ?」

たかを「!?!?!?!?!?!?!」

万引き犯「これ取っちゃダメなの?」

たかを「(一瞬何を言っているのか分からなくなる)ダ....ダメ!!!」

万引き犯「えええええええ」

たかを「!!!!?????!!!???」

たかを「お....お店の商品は、お金を払わないとダメです....」

万引き犯「えええええええええ」

たかを「!!!???!!?!!?」

〜店長を呼んできてその後は知らない〜

万引き犯に対するマニュアルは知らされていなかったので大変でした。店内では捕まえてはいけない(?)などルールがあるらしいので、あらかじめ確認しておくことをお勧めします。

 

まとめ

結論から言うとスーパーのバイトは楽です!!!長く続いた理由は、同僚や先輩がいい人が多かったのも1つですが、楽だったのが一番の理由です。

もし、スーパーでバイトしようかな〜って思っている人がいたらぜひ、挑戦してみてください!

 バイト探しはバイト情報サイト【Lacottoをおすすめします.何故なら会員登録なしで気軽にバイト検索できるからです。

こちらにリンクを張っておきますね。

会員登録不要! 気軽にバイト検索

それでは!