だって面白いのだもの

面白いものはシェアしないと。だって面白いのだもの

継続できるジョギングLSDをやってみた【ダイエットにもおすすめ】

 

はじめに

f:id:takawokun:20161013170230j:image

ダイエットしたいけど....と思っているあなた。いい情報を持ってきました。

彼女と友人はダイエット、私は現役の時の体に戻したいとのことでLSDを始めました。

彼女はバリバリ体育会系(長距離ランナー)なので、LSDではなくがっつり走っていますが、友人と私はLSDから体を慣らすことに。

とのことで、LSDについて今回は説明していきたいと思います。

 

LSDとは

f:id:takawokun:20161012230020j:image

LSDとは、Long Slow Distanceの略で、長い距離をゆっくり走ることを意味します。

LSDの目的は、一定のペースで長時間走ることによって有酸素運動の能力をアップさせる事です。

スローペースであるため長い距離を気持ちよく走ることができ、友人と会話をする余裕もあるため楽しく走ることができます。1人で走る時も、景色の綺麗な公園などを走れば爽快感がUPします。

私はダイエット目的ではないのですが、ダイエットにおすすめできると思った理由は以下の通りです。

  1. スローペースであるため辛くない
  2.  友達と楽しみながらできる
  3. 1人でもコースを考えれば楽しめる
  4. 走っている時の爽快感
  5. 1,2,3,4より継続して行える
  6. 長時間の有酸素運動により脂肪が燃焼しやすくなる

辛くない、むしろ爽快感のあるダイエットなら続きますよね!

1人でもいいと書きましたが、いつも1人でやるというのはおすすめしません。やはり、話し相手がいるのといないのとではモチベーションが違います。

 

LSDを実際にやってみる

ペースは?

継続時間は?

何か気をつける事は?

などと気になることが多くあると思うので、説明していきたいと思います。

スピード目安

f:id:takawokun:20161013115859p:image

まずスピードですが、目安としては7〜8分/kmと言われています。これは、トレーニングとして取り入れてる人の目安です。

ダイエット目的で行うのであれば、自分が長い距離を走っても辛くないペースで大丈夫です。しかしそのペースは維持しなければなりません。

最初は大丈夫だったけど、後々つらくなって止まってしまった...となるのは望ましくありません。

ペースがよくわからない!と思った方は、まず7〜8分/kmで始めてみてください。

このペースも十分スローペースですので大丈夫だと思います。

つらい!と思ったら、そこからペースを落として自分にあったペースを探してください。

継続時間の目安

f:id:takawokun:20161013120300j:image

継続時間の目安は60分以上です。

初めのうちは30分から行うのもOKです。

慣れてきたら45分,60分,75分....120分と徐々に時間を増やしていきましょう。

 スローペースですので時間は長く走る必要があります。したがって、時間のある時にしかできない!という欠点があります。

また、120分と聞くとうっ....となってしまう人もいると思います。

しかし、友人と話しながら走っているとあっという間です(笑)

注意点

スローペースだからといって準備運動を怠ってはいけません。LSDをする前にしっかりと準備運動をしましょう。

ストレッチなどで筋肉をほぐしておかないと思わぬ怪我に繋がります。また、走り終わった時はあまり疲れていないと思います。

したがってその後にダウンを忘れてしまうことがあります。しっかりとまたストレッチなどで筋肉をほぐしてください。

 フォームの注意点です。トレーニングとしてLSDを行う人はフォームを意識しましょう。短距離であれば重心の位置はズレていないか、足を流しすぎていないか、腕の振り方...色々注意すべきことがあります。

ダイエット目的の人が一番注意してほしいのは足のつき方です。ジョギングに慣れていない人は、足のつき方を間違えるとかなり足に負担がかかります。 足を擦るような走り方はやめましょう。つま先から地面につくような走り方は足に大きな負担となります。

 

さいごに

実践してみましたが、感想はめちゃくちゃ気持ちがいい!

これなら続けられそうです。運動不足で体を慣らしたいと思っている方、ダイエットをしたいと思っている方....ぜひLSDをやってみてください。

私は、ある程度持久力が戻ったらLSDをやめる予定です。LSDは目的ごとにどのように行うかが変わってきます。ダイエット目的であれば、毎日やればそれだけ効果は出ますが、持久力をつける事を目的としている場合は、週1回ぐらいの方がいいと言われています。

自分にあった方法で実践してみてください!